Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
UMMOPARTS.SHOP

TOP
[トップページ]
UMMO星人占い
ショッピング
[UMMOPARTS.SHOP]
にほんブログ村
ランキングに参加中です。 一旦1位になってみたいので、是非クリックをお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
悟りを開くと人生はシンプルで楽になる
0

    こんばんは!

    UMMOです。

     

    「悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」は、エックハルトトールの著書のタイトルなのですが、

    その段階を求めていない人にとっては、全く興味のない話だと思います。

     

    人生の前半生は、思い通りに生きて行きたい!という欲望からの努力を美徳とする時代

    30歳位になると、思うようになることなんて、何一つないじゃないか!?と思う迷いの時代

    40歳位になると、人生の意味について探究する時代

     

    というように、世代毎に興味関心は変化していきます。

     

    この著書は、40歳以降の人に向けて書かれた自叙伝のようなものですが、

    最終的な幸福は、自己の不在を見抜くこと、気づく事にあると思います。

    なので、ここで発信している情報は、今必要のない情報である人もいれば、興味がある人もいると思います。

     

    「私はいない」という事を言われても、解りようがありませんが、

    仮に「私はいない」と思って、ただ「在る」状態で、またただ「在る」という形から入ってもいいのですが、

    その感覚で一日を生きてみると面白い事が解ります。

     

    私達は、時間の中で、それぞれの記憶から生きていることを「人生」と呼び、「人生が自分」であると思って生きています。

    何か出来事が起こると、その対応に追われ、過去の記憶を使って、その問題解決に生きています。

    これは、無意識的な生き方で、いつも、時間に追い立てられるように忙しく生きているので、辛いです。

     

    思考が必要な生き方は「ただ在る」状態ではありません。

    問題解決の為に生きる生き方です。

     

    問題解決が人生になっている以上、問題解決をする為に、これまでの経験、知識のデータベースを参照して複雑な苦悩、ストーリーを生きている状態です。

     

    そうじゃなくて、いつも思考が起きる前の段階で、ただ「在る」状態で生きると非常に楽です。

    「そんな事をしたら、人生が滅茶苦茶になるだろう!」と思考は言いますが、そんな事はありません。

     

    ただ「在る」という境地に至って、思考を巡らせるよりも、その場その場の対応を淡々とこなしてみてください。

    非常に楽で、状況もストーリーがぶら下がって来ない分、文字通り「悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」のです。

     

    ★よかったら、1日で良いので、お試しくださいませ!

     

    ありがとうございます。

    【個別メール相談はこちら】

    【色のチカラで奇跡を起こす!UMMOPARTSはこちら】



    ランキングに参加中です!1クリックご協力お願いいたします!
    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
    posted by: ummo星人 | - | 22:55 | comments(6) | - |
    資格や学位の取得を目指しながら働いている人や管理職への昇給を目指している人。育児と仕事を両立している人など。
    フル回転して生きている人と比べて自己卑下してしまいます。
    「時間が足りない!やることがありすぎる!」という生き方にどこかでまだ憧れていて、そうでないと努力していないダメ人間だと思ってしまう思考が取れません。
    実際、今の自分にはもう頑張る気力が湧いてこないのですが、これはどうすれば良いですか?放っておけばよいですか?
    思考は自分も他者と同じように資格取得を頑張ったり、大学院に入って働きながらどんどん学べばいいじゃんと言ってきます。それでも、もう忙しすぎる毎日はこりごりです。
    それなのに、思考がもっと努力しろっとなってしまいます。
    | みく977 | 2018/03/19 12:06 AM |
    みく977 さま

    この「もう忙しすぎる毎日はこりごり」が既に答えだと思います。

    若い人は、私達よりずっと進化しており、もうこの古い社会システムの運用に疑問を持って当然であると思います。

    苦労を美徳とする世界は、もう確実に終わっており、先人は苦労からは幸せになれない事をちゃんと実証してくれております。

    スケジュールがパンパンでないと不安な方や、それはそれで、疲れて全く幸せを感じられない矛盾にお気づきになられたなら、一旦、泊まる事をお勧めしておきます。

    古い教育システムに我々は、完全に不安と恐怖を植え付けれて、洗脳されているのです。

    幸せは、静寂であり、いつも傍にいるのです。
    是非、一旦思考から距離を置いてみてください。

    何もない事が、どんなに幸せの要素か?腑におちると思います。

    よろしくお願いいたします。

    ありがとうございます。
    | UMMO292 | 2018/03/19 10:03 PM |
    今までは人生を切り開いていく感じや何か手に入れることが幸せのように思っていました。
    「幸せは、静寂であり、いつも傍にいる。」のですね。
    このように少しでも感じられるようになることを望んでいます。
    どうしてもドキドキやワクワクするような高揚感を求めて行動しようとしてしまう癖がついているのですが、これは欲や我に踊らされてるのでしょうか?
    お忙しい中、ありがとうございました。
    | みく977 | 2018/03/19 10:34 PM |
    みく977 さま

    コメントありがとうございます。

    > これは欲や我に踊らされてるのでしょうか?

    欲や我(エゴ)を滅しようとしないでくださいね!必ず、負けます。

    様々な宗教で、あれはしてはいけない、これはしてはいけない!と煽っていますが、これも罠です。

    本来の静寂の上に、高揚感やワクワク、ドキドキがあるという安心感を持って、好きな事を好きなだけしてください!

    よろしくお願いいたします。
    | UMMO292 | 2018/03/20 3:35 AM |
    UMMO先生、いつもお世話になります。文庫本に改訂されたものを購入してから、YouTubeで朗読されてるのを見つけて、なるほど!と思いました。現状に苦しみ、それを改善しようとセミナーやら本やらに救いを求めてましたが、UMMO先生の言うように、現実ってこういうものだという、諦めみたいな感じでみると、事実だけを見て、ジャッジをしなくなりました。今まで買っていたスピリチュアル系の本とか見ると、読む気が失せてきました。願望って、現実逃避から沸いてくるように思えてきました。
    | Kzy573 | 2018/03/31 4:03 PM |
    Kzy573 さま

    コメントありがとうございます。

    エックハルトトールが、私の知っている限り一番解りやすいです!

    必読書ですね!

    ありがとうございます。
    | UMMO292 | 2018/04/08 10:09 PM |