Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
UMMOPARTS.SHOP

TOP
[トップページ]
UMMO星人占い
ショッピング
[UMMOPARTS.SHOP]
にほんブログ村
ランキングに参加中です。 一旦1位になってみたいので、是非クリックをお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
何度も言うよ!
0

    こんばんは!
    UMMOです。

    【諸行無常】
    この世に移り変わらないものはなく、たった一つのエネルギーが分離の錯覚を繰り返しているように見えるが、実際には何一つ存在していない、幻想です。

    今は、解らなくていいです。
    心の片隅にでも、憶えておくと良いかも知れません。

    【頭のなかのお喋り】
    私達の思考は、留まる事を知らず、勝手に湧いてきています。
    これは、自分で止めよとしても止まらず、放っておくしかない。
    実際に起きている事とは関係なく、それを現実だと思い込んでいるのが「私」という幻想です。

    これも、
    今は、解らなくていいです。
    心の片隅にでも、憶えておくと良いかも知れません。

    【ハプニング】
    一瞥体験(覚醒体験・自己喪失)とは、いつも起きているけど、それに気づいていません。
    思考は、勝手にやって来るのですが、これを自分だと錯覚しているので、「でも」という思考が湧いて来ます。
    然し、これを放っておくと、思考が止まる事があります、ほんの一瞬です。
    それは、ハプニングとして、自分が消えた時に訪れます。

    【静寂】
    思考が消えている時、自分がいない事に気づきます。
    然し、そこには「意識」だけが残ります。
    これを「至福」「祝福」とか、「愛」とか言いたくなるような感覚に包まれます。

    【悟り】
    自分の不在を知るとき、これまでの出来事はただの「幻想」だった事に気づきます。
    この意識は、人類の全てを包括するものである事が解ります。

    【分離】
    自己の不在を見抜いた時、「私」と「あなた」という境界線がなくなってしまいます。
    私は、この視点で、「あなた」にアクセスします。

    これらの事は、全て今は、解らなくていいです。
    心の片隅にでも、憶えておくと良いかも知れません。

    役割に埋没した人生から、主体と客体のない世界への入口を「愛」という事にしましょう。
    UMMOは、いつも「あなた」という分離を弱める発信をしたいと考えます。

    ありがとうございます。

    posted by: ummo星人 | - | 23:37 | comments(8) | - |
    苦渋の日に喧嘩?をしてしまい相手と話していません。このような場合におすすめのブレスレットを教えてください。
    | 494 | 2020/06/17 1:19 PM |
    494 さま

    コメントありがとうございます。

    自分の投影が、相手です。
    自分が、考えなければ、相手も考えません。

    また、嫌な気持ちが湧いてきたら、ただ雲が通り過ぎるのを待ちましょう。

    大抵の場合ですが、相手に何かを求める事が、苦しみとなります。

    何も求めず、認め合うこと。
    シンプルですが、とてむ難しい事ですよね。

    自分をクリアにするには、悟りブレスがお勧めです。

    アメジストは、薄紫の’ひかり’で、これは一般的には薬の波動(殺菌効果のある紫外線)です。心を掃除してくれます。

    執着を無くすのは、自分の心が成長していかないとなかなか難しい事がありますので、サポートするひかりを使用するのは基本です。

    よろしくお願いいたします。

    ありがとうございます。
    | UMMO292 | 2020/06/17 8:45 PM |
    ありがとうございます。何事も景色とおもってみます。
    | 494 | 2020/06/17 9:55 PM |
    考え、感情は、全て「煙」です。
    放っておけば、消えます!
    よろしくお願いいたします。
    | UMMO292 | 2020/06/17 10:13 PM |
    いつもありがとうございます&#128524;
    少しお聞きしたいのですが、占いでは同色人物相・愛あり・魔法陣では恋愛に発展するですが、「調和していません」とあります。
    実際、今、他の方にもわかるくらい、あからさまに避けられ、挨拶すらも無視されています。
    愛とは何なのでしょう?
    また、調和していない相性は今後も今の状態のまま分かり合えないのでしょうか?
    そもそも、本当は全て幻想で、自分もいなくて相手もいないので、相手同様、ここにはいない扱いしたら楽になれるのでしょうか?
    | かなこ | 2020/06/18 5:03 PM |
    かなこ さま

    コメントありがとうございます。

    ここでは、占いと、非二元の話をしていますので、こんがらがっちゃいますよね、、、

    先ず、この恋愛の世界を「色(しき)」だと思ってください。

    それを可能とする基盤が「空(くう)」の世界だと思ってください。

    この二つが重なり、場となり、私たちは人生という名の時間的物語(ストーリー)を「現実」だと思って生きています。

    占いは、この「色」の部分を解説しています。

    なので、「UMMO星人占い」=「色占い」と読み替えても良いです。

    このストーリーは同時に「空」でもあるので、視点を変えてみれば、何も起きていない、頭の中の幻想なのですが、私たちが観察しているのは、殆どの場合「色」の世界です。

    人間の世界は、心であり、同時に’ひかり’の世界で、ひかりには、様々な分離(色)が表現されています。

    この分離した色の組み合わせで占っているのが、「UMMO星人占い」なのですが、この「他の方にもわかるくらい、あからさまに避けられ、挨拶すらも無視されています。」というのも、この’ひかり’で説明すると、かなこさまの解釈の中で起きている、現象の一部です。

    私達は、何事も、「感情」で、捉えてしまうので、不快感を憶えたり、悲しくなったりしますが、「現象」として捉えるようにしてください。

    その時の視点は、かなこさまの主観(解釈)ではなくて、既に「空」の視点からの現象となっている筈です。

    そこに解釈が生まれると、上手くいかない事は全部、苦しみとなりますので、常に「空」の視点で見てみると、苦しみは無くなっていきます。

    ここがポイントなのですが、自分の執着や、被害者意識が消えていくと、曇っていた「空」のエネルギーが発揮されて、穏やかになり物事が上手くいっているように見え始めます。

    この占いの結果では、同色人物相・愛あり・魔方陣関連性あり、分かり合えないと出ていますが、あくまでも参考、ポインターとして頂き、視点を変えてみてください。

    そうなっている理由があるのです。

    よろしくお願いいたします。
    | UMMO292 | 2020/06/18 10:46 PM |
    返信ありがとうございます。
    ・そうなっている理由
    ・視点を変えてみる

    なんとなくわかりそうなのですが、こうすれば「あ、そうか!」となるようなものがあれば教えて頂けませんでしょうか?
    よろしくお願いします。
    | かなこ | 2020/06/20 5:31 AM |
    かなこ さま

    コメントありがとうございます。

    どんなに自分が成長しようと、能力を高めようと、美しくあろうと、嫌な事は必ずありますし、常にハッピーで居ららる訳ではありません。

    常に状況は、時と共に変わっていくからです。
    根本的な解決にはならず、一喜一憂を繰り返していくうちに、難しい顔を繰り返して、ストレスで病気になってしまいまいます。

    辛い時は、思考で「理由」を探します。
    それは、全体が起こしている事で実は個人が頑張っても悪化するだけです。頑張った分疲れるか、また報われない!って同じ事を繰り返すだけんですよね。

    個人の探究、何故?どうして?という探求が頭の中でグルグルと繰り返されているのは、自分の意思とは関係なく、今までも、これからも起きて来ると思います。

    でも、それは、かなこさんがやっていなくて、色の世界の表現なのですよ!

    なので、この色の世界で迷子にならないように、あーでもない、こうでもない!という思考から離れる為に、色を表現する事を可能とさせている、空の視点(映画で言うと只のスクリーン、映っているのが色のドラマの方)が本当の自分だった!んだ!という気づきが必要なのです。

    迷った時は、5426、色は、緑黄色赤青で構成されていて、曇っていない原色を意識すると、割と空の視点を取り戻す事が容易だという事が解ってきました。

    色んな色の世界を混ぜ合わせて、ややこしくしているのは、自分の心だということに気づくかの知れませんし、考えや思考を自分だと思っているのが、スクリーン=存在そのものだったんだ!という事を思い出すことができます。元々誰もが、子供の頃はその感性で生きていました。

    存在(スクリーン)そのものが、自分の本当の姿で、後は移ろいゆく投影された、ストーリー(投影された映像)は、自分ではないと気づくと、これ等の事は、どうでもいいただの茶番である事が解ると思います。

    長文になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

    ありがとうございます。
    | UMMO292 | 2020/06/20 12:58 PM |