Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
UMMOPARTS.SHOP

TOP
[トップページ]
UMMO星人占い
ショッピング
[UMMOPARTS.SHOP]
にほんブログ村
ランキングに参加中です。 一旦1位になってみたいので、是非クリックをお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
’ひかり’=心しかない
0

    こんにちは!
    UMMOです。

    様々な記事をこれまで、書いて来ましたが、BLOGを読んで頂いても尚、ご鑑定の依頼が来るということの理由として、「・・・で、どうしたらいいのですか!?」という疑問から生じたものである事が解っています。

    自分の体験談や、私の場合はこうだったから、こうすればいいのではないですか!?というお話は幾らでも出来ますが、そもそもの課題や、お悩みの解決方法は、それぞれの環境や、視点によって異なって来ると思います。

    悩みや問題が発生する仕組みの根幹は、この世が「恐れ(自我)」からの視点でしか観れないようになっているという事だと思います。

    自分を高めなきゃ、あの人に比べて私は・・・と、私たちは一日中「何か」をジャッジしています。
    外を見て、評価、論評をするのも、自分をそこと照らし合わせて、評価、論評して、ハッピーだとか、ツイてないとかやっていますよね?

    これこそが、悩みの原因であり、苦しみのシステムなのですが、そこから抜け出したくて、様々な情報を集めたり、学習、勉強、体験を重ねていっても、相変わらずゴールが見えず、納得のいく結果も出ないで「・・・で、どうしたらいいのですか!?」が、ずっと続いていると思います。

    その原因は、思考の根幹にあるものが、「恐れ」だからなのです。
    この「恐れ」から出たエネルギーから行動している以上、このサイクルはずっと続いてしまいます。

    「恐れ」を手放した時に、初めて「悦び」からのエネルギーをキャッチできるようになり、「悦び」から出たエネルギーから行動した結果には、疑問が生じません。

    本来は、’ひかり’=心しかない世界の中で、わざわざ「恐れ」という暗闇を作って、そこに向かって努力しようとするから、迷いが生じている訳で、「・・・で、どうしたらいい!?」という思考が出てきたら、それは「恐れ」から出たエネルギーから行動した迷いだという事に気づき、※手放してみてください。

    ※自分の行動のポインターを「悦び」から出ているエネルギーに合わせることです。

    すると、これまで「恐れ」から出たエネルギーで人生を設計して、生き、無駄な努力(幸せに繋がらない努力)を重ねて来た事に愕然とするでしょう。
    殆どの自我は、恐れを基盤に行動をしているからなのです。

    「自我=恐れ」と言い換えても寸分、違わないと思います。
    是非、恐れから来るエネルギーに対しては、反応せず、悦びからくるエネルギーに対してだけ反応してみてください。

    それでも、自我は、巧みに「恐れ」を永遠に創り出しますが、騙されてはいけません、それが起きていない妄想だからです。
    創造力豊かな人ほど、数多くの恐れを創り出しますので、そういう人は、ちょっと鈍感になった方が良い。

    そもそも、’ひかり’しかない世界に、闇である、恐れは「存在していません」
    全ての不安は、これまで、学習した思い込みであるところの「自我」が創り上げた、「恐れ」のねつ造なのですよ!

    悦びは、’ひかり’そのものであり、本来の実在は、’ひかり’=心しか存在していませんので。

    よろしくお願いします。

    ありがとうございます。
     

    posted by: ummo星人 | - | 15:36 | comments(4) | - |
    同じ事を繰り返してしまいます。ずっと嫌なことを思い出したり。今までの経験ってどう対処したらいいでしょうか?こころではなく外側を求めたのですが外側も得らなくて全部諦めるしかなくなりました。でも執着がなくなったら楽になったり満たされるようなこともあるのかと思います。
    大分前の鑑定ですが内容が染み入ってくる気がします。
    | はな966 | 2020/06/28 8:52 PM |
    はな966 さま

    コメントありがとうございます。

    はな966様に限らず、皆が同じように過去のトラウマに苦しんでいます。

    それは、もう繰り返したくないという矢張り「恐れ」なのですが、そこからどうしても離れられないのは、矢張り、同じことをまた繰り返したくないからなのです。

    繰り返したくないから、繰り返しそこにエネルギーを使ってしまっている状態です。

    その過去を一旦、捨てる。
    これがなかなかできないのは、矢張り「不安」だからなのですが、人生というものが個人のものではく、起きたいる現象だという事に、同意してみると、そこに人生に対しての信頼が出来て、流れに身を委ねるのが最善だということで、手放す事ができるのですが、、、

    自我は、その事を相当嫌がります。
    そういう役割が自我の役割だからです。

    恐れしか興味のない自我は、必ず自己防衛のために「敵」を作ります。

    なので、苦しみが増してしまうのです。

    「諦める」ということで、執着が無くなって楽になる!というのは、良い傾向で、大きな一歩です、とても積極的な事ですので、どんどん諦めてください。

    それを繰り返している内に「ああ、この経験もういらないや、、、」って勝手に手放す事ができるようになりますので、気にしないという事にエネルギーを使わないで、「気にならない」「関心がない」という感じに考えるようにすると良いかと思います。

    ありがとうございます。

    | UMMO292 | 2020/06/28 10:33 PM |
    返信ありがとうございます。
    まだ執着があって本文の通りtwitterなどをみても比べたりああするべきと思ってしまいます。自我はやっかいですね…こころを見れるようになりたいです。
    | はな966 | 2020/06/29 9:49 PM |
    「諸行無常」
    世の中のあらゆるものは変化し続けていて、変わらないものや絶対的なものは何1つない。
    なのに人は、自分を取り巻く環境が不変であることを望む。
    それが「執着」であり、それこそが「苦」の原因なのだ、という教えです。

    誰もが避けられないこの事を、受け入れることは実は容易ではなくて、どしても過去にしがみついちゃいますよね。。。

    私の場合は、全部捨てて新しくしてみたり。
    トコトン、その思考と向き合ったり、戦ったりしました。
    時間が解決してくれる事も多くありました。

    然し、仏教の知恵には一番大切な「悟り」があります。
    もう何年も、ここを拠り所にしていますが、これもなかなか難しいです。

    ただ唯一変わらないもの、「気づきの意識、気づいている意識」に寄り添う事を、見性といい。
    この意識に気づいている存在になろうともしましいた。

    結果的に、’ひかり’の調和法に辿り着いた感じで、全ては’ひかり’だと思って見る!
    自分の心も’ひかり’ありとあらゆるものは’ひかり’だと思ってかれこれ10年以上経ちますが、私にはこの方法がどうもしっくり来ました。

    いつも、周囲の人からは。’無’な感じだ!とか、いつも遠くを見ているとか、変わっている!と言われてしまいますが。。。
    言葉の世界に翻弄されていた頃よりずっとマシだと思っています。

    自我の視点から云うと、満たされている自分が存在する為には、自分は不足であるという前提が必要ですので、そのストーリーの前段階だと思ってみるのも、一つの手ですが、殆どの人は満たされていても不足を観ます。

    これを機に、様々な角度から、自分を観ること、自分の内を観ると良いかもしれません。

    ありがとうございます。
    | UMMO292 | 2020/06/29 10:46 PM |